冷え症、睡眠時の靴下は逆効果

お申込み・お問い合わせはこちら

ブログ

冷え症、睡眠時の靴下は逆効果

2019/12/21

冷え症、睡眠時の靴下は逆効果

冷え症の方で睡眠時に靴下を履いて眠る人が多い。

 

足が冷たくて眠れない!!

確かにその気持ちは分かります。

特に寒さが厳しくなるこれからの季節はそうですね。

靴下を履いていると暖かくてぐっすり眠れる。

 

 

 

 

確かに靴下を履いて眠ると暖かくてグッスリ眠れる。

、、、っと、それが実は逆効果!!

 

えっ!どういうこと?

 

靴下をはいて眠るとさらに冷え症が進むかも。

 

それはなぜ???

 

人は眠くなると手足が温かくなります。

赤ちゃんや小さな子どもってよく分かりますね。

それは眠る時、体の内部体の体温(深部体温)が下がるためです。

深部体温を下げるために体温を発熱します。

深部から皮膚を通して熱が発散するので眠る時に温かくなります。

 

熱の発散が多いのが手足の甲です。

ところが靴下や手袋をして眠ると熱の発散が出来ないので、

体温の調節がうまくいかず熟睡できません。

熟睡出来ないと血行が悪くなり手足の抹消まで血液が届かず

結果、冷え症が酷くなる。

 

なので冷え症には睡眠時の靴下は逆効果なんです。

 

では、辛い手足の冷えはどうしたらいいの?

 

オススメは

・眠る1時間前位に38℃~40℃の温めのお湯で入浴する。

・眠る前にお湯で足を温める。

・眠る前まで楠下を履いていて眠る前に脱ぐ。

・冷たくない程度に布団を温めておく

 注!暖め過ぎると逆効果

ぜひ試してみてくださいね

 

 

 

 

睡眠の質を高める「睡眠の基礎セミナー」はこちらから

↓↓↓