雨の日はなぜ眠い?

お申込み・お問い合わせはこちら

ブログ

雨の日はなぜ眠い?

2020/10/02

雨の日はなぜ眠いのか?

晴れて天気のいい日はとても気持ちがいい
 
外に出てピクニックやBBQをするとみんな笑顔になれますね



 
しかし、雨の日はこんな感じではないですか?

 

・何となく気持ちもどんよりしてからだがダルい

・やる気が出ず集中力が続かない
・頭が働かずいいアイデアが浮かばない

・気分も冴えず表情も暗い


そして、なぜか眠いno

 

さらにその夜、

眠いはずなのにグッスリ眠れない

 

その原因は

 

セロトニンの分泌量です。

 

セロトニンをは「幸せホルモン」とも呼ばれ

 

神経伝達物質で精神の安定や安心感、平常心、頭の回転をよくして貯日間力を高める働きがあります。

日中、元気に活動するホルモンです。

 

このセロトニンは大豆などに多く含まれるアミノ酸のトリプトファンから作られます。

さらに日光を浴びることによって脳内でセロトニンの合成が活発になります。

 

このセロトニンが活発に分泌されるととても気持ちがよく

少ないと精神的に不安定になります。

 

ところが雨の日は

日光を充分の浴びることができず、

セロトニンの分泌が少なくなります。
 

すると何となく気持ちが沈んで眠たくなります。

慢性的になるとストレスを感じやすく、疲労感やイライラ感、向上心や仕事への意欲の低下、やる気が出ずに眠たくなります。

 

これが雨の日が眠たくなる原因です。

幸せホルモンから睡眠ホルモンへ

そのセロトニンが夕方になると

脳の松果体でメラトニンというホルモンに変換します。

 

これが「睡眠ホルモン」です。

 

セロトニンがたくさん分泌されるとメラトニンもたくさんつくられて 

夜がグッスリ眠れます。

 

ところがセロトニンの分泌量が少ないとメラトニンもすくなく

質のより睡眠ができません。

とは、言うものの
 
ではどうすればいいの?

分からないですよね

 

だって学校でも会社でも教えてもらえていないからね

 

そんなあなたのためにお教えします

本当のあなたを取り戻す「パワフル睡眠」セミナー

 

 

あなたはこんなことはないですか?

✓夜、なかなか寝つけず気がつけば夜明けだ

✓朝、スッキリ起きられず一日中ボーっとしてる

✓最近、うっかりミスや物忘れが多くなって将来が不安だ

✓会議中にウトウトして気がつけば上司に睨まれていた

✓化粧のりが悪く楽しいデートのはずなのに彼に顔をみられたくない

 

ところが、睡眠の質がよくなると

✓グッスリ眠れてスッキリ目覚めて一日中笑顔でいられる

✓眠気もなく集中力が続いてバリバリ仕事ができ後輩から尊敬される

✓ミスがなくなり会議では的確な意見で上司から信頼されて昇進昇級のチャンスも

✓朝、鏡を見るのが楽しくなりデートの日はワクワクでしかない

 

ぜひあなたも質のいい睡眠を手に入れて

もっともっと輝く未来へ

輝く未来を手に入れたい

そう願うあなたへ

↓↓↓

 

 

 

夜、なかなか寝つけない

朝、スッキリ起きられない

日中の眠気を何とかしたい

 

睡眠に関するお相談、お問い合わせ

はこちらから

↓↓↓